ふたばの日記

高等教育や学術政策に関心がある大学生のブログです。考えたことのメモなど。

時事問題

箕面市調査と教育研究の可能性

ここ最近、箕面市の調査が自分のTwitterのタイムラインで話題になっていて、どういうことなのかと思っていたのだが、どうやらこれ(「貧困状態の子どもの学力は10歳を境に急激に低下」-日本財団ブログソーシャルイノベーション探訪)のことであるみたいだ。…

今の政治に対して思うこと

憲法に規定された臨時国会の召集をひたすら先延ばしした挙句、召集直後に解散がなされた。憲法的にどうなのかと疑問を抱いてしまう事案である。小池百合子が現れ、民進党が崩壊し、枝野幸男が政党を立ち上げるなどと、政治は激動の様子を見せている。 第五十…

社会構造の変化と地方衰退の必然性、及びそれに対する処方箋

近年大きな政策課題となっている「地方の衰退」というものが一体どういうものなのか、そして解決に向けた貢献が模索されているなか、一体高等教育には何ができうるのか、ということが最近の自分にとって大きなテーマであった。後者に関しては未だ自分なりの…

Times Higher Education / Benesseと日本大学ランキング

高等教育の関係者であれば既に耳にしたことかと思うが、THEがベネッセと協力をして行った日本版大学ランキングの結果が3月30日に発表された。とりあえず確認しておかなくてはと思って細かく見てみたのであるが、ところどころ気になる点が見つかった。そこで…

音楽教室における著作権料徴収問題

友人に音楽関係者が多いということがあって、最近話題になっているJASRACの著作権料徴収問題に関心を持っている。Twitterのタイムラインではあれこれ発言をしているひとがいたりとか、FBでもいくつか関連するポストを見かけたるりするけれども、どうも地に足…